本文へジャンプ
北海道芦別市 
ホームご意見・ご要望よくある質問サイトマップ
文字の大きさ
縮小標準拡大
暮らしと環境保健・医療・福祉・介護教育・文化・スポーツ産業観光まちづくりの情報
現在位置:ホームの中の保健・医療・福祉・介護の中の妊婦・乳幼児から小児がん「網膜芽細胞腫」をご存知ですか
保健・医療・福祉・介護-

小児がん「網膜芽細胞腫」をご存知ですか

小児がん「網膜芽細胞腫」をご存知ですか

網膜と眼のしくみ


 網膜とは眼底(がんてい)と呼ばれる眼の奥一面に広がっている薄い膜状の組織であり、眼球をカメラに例えると、網膜はフィルムのような役割を果たしています。角膜を通って瞳孔(どうこう)から眼球内に入った光は、レンズの働きをする水晶体(すいしょうたい)により屈折した後、硝子体(しょうしたい:卵の白身のような粘り気のある透明の物質)を通り、網膜に映し出されます。このとき網膜で感じ取った光の刺激が視神経を通って脳に伝わり、「見える」と認識されます。

網膜芽細胞腫って?


 網膜芽細胞腫は網膜に発生する悪性腫瘍(しゅよう)で、網膜芽腫と呼ばれることもあります。乳幼児に多い病気であり、出生児15,000~16,000人につき1人の割合で発症しています。
 網膜に腫瘍ができると視力が低下しますが、乳幼児はまだ、ものが見える、見えないという状態がよくわからず、その状態を伝えられないことから、発見されたときには進行している場合も少なくありません。

どんな症状が出るの?


 光が腫瘍に反射して夜のネコの眼のように白く光って見えたり、左右の眼球の向きが合っていない状態(斜視:しゃし)になったりします。その他、まぶたの腫(は)れがみられることもあります。

気になる症状があれば早めの受診をおすすめします


 がん(腫瘍[しゅよう])という病気は、患者さんごとに症状のあらわれかたが異なります。また、はっきりした症状がみられない場合もあります。お子さんに何か気に掛かる点がある場合や、健康診断などで詳しい検査が必要と言われたときには、きちんと医療機関を受診してください。疑問や不安を抱きながらも問題ないとご家族が判断したり、病気が見つかることを怖がって、受診を控えたりすることのないようにしましょう。受診して医師の診察を受け、症状の原因を詳しく調べることで、病気ではないことが確認できたり、早期診断に結び付いたりすることがあります。

参考


目の健康チェックシート 【日本視能訓練士協会】

小児がんについて 【国立がん研究センター】




このページを印刷する
お問い合わせ
健康推進課健康推進係
電話 0124-22-2111
FAX 0124-22-9696
kenkou@city.ashibetsu.hokkaido.jp
ホームリンク集セキュリティポリシーよくある質問ご意見・ご要望サイトマップ前のページへ戻るページの先頭へ

  北海道芦別市
  このサイトに関するお問い合わせはこちらまで。
〒075-8711 北海道芦別市北1条東1丁目3番地 開庁時間 8:30~17:15(土曜、日曜、祝日を除く)
芦別市役所企画政策課秘書係
電話 0124-22-2111 FAX 0124-22-9696 E-mail kouhou@city.ashibetsu.hokkaido.jp
Copyright (C) Ashibetsu City 2009 All Rights Reserved.