旭ケ丘公園

旭ケ丘公園

(赤ちゃんウサギの写真追加しました)

芦別市内を一望できる小高い丘をテクテク登ると、そこにはかわいい動物たちが!この公園は、動物達と気軽にふれあえるチビッコに大人気のスポット。また春先の千本桜は一見の価値有り。

パンフレットはこちら(PDF 555KB)

サル山

札幌市の円山動物園と長野県の茶臼山動物園からやってきたニホンザルたちを飼育していて、空知管内でも初めての施設です。かわいいサルたちが毛づくろいをしたり、気持ちよさそうにお昼寝しています。
サル専用のおやつの投入口を設けた「おさるテラス」もあって、より身近にサルを観察できます。

  • 観覧期間 4月15日~10月31日
  • 観覧時間 午前10:00~午後6:30

ここからもおやつをあげられるよ。「おさるテラス」と書いた木製の枠の窓の横に「みんなへのおねがい」の緑色のサルの絵が2匹描かれたポスターが見える様子の写真。

仲良く毛づくろい。大きな黒っぽい石の上に2匹の猿が毛づくろいしている、その下で一匹の猿が下の誰かを毛づくろいしている写真。

きらきらハウス

肉や野菜を持参してのバーベキューや研修会のほか、休憩施設としても利用できる多目的施設。バーベキューをした後は、あとかたづけはしっかりと、炭は炭捨て場に捨ててください。

きらきらハウスの利用には申込みが必要です

  • 利用期間 4月15日~10月31日
  • 利用時間 午前10:00~ 午後8:00
  • 利用料金 無料
  • 申込受付
    4月1日~10月31日
    午前10:00~午後4:30
    電話 0124-22-3914(公園管理事務所)

緑系の2重の三角屋根の「きらきらハウス」の写真。ごみは持ち帰りです。

ハウスの中で隅から隅まで長椅子の長く繋がっている様子の写真。約100人が利用できます。

小動物舎

小動物舎の中には「ふれあい広場」があって、休日等にみにウサギやモルモットと触れ合うことができます。
大切な小さな命。やさしく触ってくださいね。

  • ふれあい広場利用時間 土日祝日のPM1:00~PM2:00
    (観覧はいつでもできます。)

赤ちゃんウサギが仲間入り

平成30年4月にウサギの赤ちゃん4羽が仲間入り。
かわいい赤ちゃんウサギを見にきて下さい。

ロッジ風の緑系の色の三角屋根の交差した筋交いのある「小動物舎」の写真。小動物舎に入るときは消毒を忘れずに。

窓側の角隅の明るい方に居る小さな白い兎の写真。ウサギの赤ちゃん(生後10日)

草藁の上で白い兎の横からの写真。ウサギの赤ちゃん(生後10日)

さくらの丘

旭ヶ丘公園は芦別市の代表的なさくらの名所です。
5月上旬には丘一面満開のさくらで満たされ、絶好のお花見スポットとなります。
平成25年には、周年事業の一環として「しだれ桜」を植樹。数年後には立派なさくらを咲かせてくれるでしょう。
平成27年からは桜のライトアップを実施しており、昼の桜とは違った幻想的な雰囲気を楽しむこともできます。
(平成30年についても見頃に合わせて夜桜を予定しております)

旭ヶ丘公園夜桜ライトアップ

青空の下、桜の花の咲いている下で家族連れ等の来客が、座ったり立ったりしている様子の写真。しだれ桜は中央花壇に3本植樹されています。

夜の丘の上から、程よくライトアップされた桜並木が続き、向こうには町の明りの綺麗な夜景の広がる写真。旭ヶ丘公園夜桜(平成27)

夜の桜がライトアップされ、それを見上げる来客が居る、少し丘の下の遠くから撮った写真。旭ヶ丘公園夜桜(平成28)

三角屋根の小屋施設の周りに、夜桜がライトアップされている写真

春の花

4月上旬~4月下旬

  • コブシ(北国の野山に春の訪れをつげる)
  • フクジュソウ(春を告げる黄色い花)

4月中旬~5月上旬

  • エゾエンゴサク(春の陽射しをかんじて次々に咲く)

5月上旬

  • エゾヤマザクラ(北海道を代表する桜)

5月中旬

  • ツツジ(オレンジの花が春を彩る)

黄色い3本の花が咲いている写真。フクジュソウ。

青い小さな花が一面に咲いている写真。エゾエンゴザク。

 

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2020年3月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
PC表示