HOME介護/福祉保健日本脳炎ワクチンの定期接種のお知らせ
HOME人生の出来事通院・検診日本脳炎ワクチンの定期接種のお知らせ

日本脳炎ワクチンの定期接種のお知らせ

平成28年4月1日から日本脳炎ワクチンが北海道でも予防接種法に基づく定期接種として行っています。

対象者・接種回数
  接種回数 対象者(標準的な接種年齢)
1期初回 2回 生後6か月から7歳6か月未満(3歳)
追加 1回 生後6か月から7歳6か月未満(4歳)
2期 1回 9歳以上13歳未満(9歳)

※通常は上記のスケジュールで合計4回の皮下接種を行います。しかし、全国でも日本脳炎ワクチンの副反応により予防接種を差し控えていた時期があったため、平成19年4月1日以前に生まれた20歳未満の方は、定期接種の対象となっています。

令和3(2021)年度優先対象者
3歳に達する方 平成30年4月2日生から平成31年4月1日生
9歳に達する方(2期) 平成24年4月2日生から平成25年4月1日生
17歳に達する方 平成16年4月2日生から平成17年4月1日生

※1期初回の標準的な接種期間にある方及び対象年齢の期間が短い方を優先対象者としています。

実施医療機関

  • 橋本内科医院
  • 市立芦別病院
  • 勤医協芦別平和診療所
  • 野口病院
  • 砂川市立病院
  • 富良野協会病院

その他

  • 優先対象者には個別に予診票などを送付しています。
  • 優先対象者に該当していなくても接種を希望する場合はご連絡ください。
  • 他の都府県での接種や任意接種で既に日本脳炎ワクチンを接種したことがある方は、接種方法が異なりますのでご連絡ください。

 

 令和2年度(2020年度)の優先対象者の方へ(早めの計画的な接種をお勧めします)

  • 平成26年4月2日生から平成27年4月1日生の方は、7歳6か月に達するまでに1期初回(2回)、追加(1回)接種します。7歳6か月になりますと定期接種では接種できません。
  • 平成19年4月2日生から平成21年10月1日生の方は、13歳に達するまでに4回接種します。13歳になりますと、定期接種では接種できません。
  • 平成15年4月2日生から平成16年4月1日生の方は、20歳に達するまでに4回接種します。20歳になりますと定期接種では接種できません。

 

 日本脳炎ワクチンの供給不足について

  • 厚生労働省より、日本脳炎ワクチン(ジェービックV)について製造上の問題が生じたことから、ワクチンの供給量が大幅に減少し、出荷量の調整を行うため、ワクチンの供給が不足する見込みがあること、そのため当面の間、1期の2回接種(1回目及び2回目)の接種を優先して対応するよう通知がありました。

  • 市民の皆様には、供給が安定するまでの間(令和3年12月の見込み)、定期接種として接種が受けられる年齢の上限(下記参照)が近づいている場合には、定期接種で受けられる年齢が過ぎないように、事前に医療機関に確認していただき、予約の上接種を行ってください。

日本脳炎ワクチンの定期接種として接種が受けられる年齢の範囲

1期(1~3回目接種)       

生後6か月から生後90か月に至るまで(7歳6か月未満)
2期(4回目接種) 9歳以上13歳未満
特例措置1 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方は9歳以上13歳未満の間に、定期接種として1期及び2期(4回)の接種が可能
特例措置2 平成19年4月1日までに生まれた20歳未満の方は、20歳に達するまでの間は定期接種として1期及び2期(4回)の接種が可能
  • 接種医療機関においても、ワクチンが品薄のため、ワクチンの供給量が回復すると見込まれるまでは予約が取れない状況となりますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

  • なお、令和3年度2期の対象となる方へは、ワクチンの供給が回復したのちに、改めてご案内いたしますので、ご了承ください。

 

 厚生労働省ホームページ:ワクチンの供給状況について 

 「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの定期の予防接種に係る対応について」(厚生労働省:令和3年1月15日通知)

 定期接種を希望される方・ご家族の皆様へ(メーカーからのお知らせ:令和3年4月)

 

         OIP.jpg

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2021年10月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
PC表示