HOME記事消費税及び地方消費税の引上げに伴う前払金等の取り扱いについて

消費税及び地方消費税の引上げに伴う前払金等の取り扱いについて

令和元年10月1日に予定される消費税及び地方消費税(以下「消費税」という。)の引き上げに伴う、本市の建設工事及び建設コンサルタント業務等の前払金及び部分払金等の取り扱いについて、次のとおりお知らせいたします。 

 

1 対象となる建設工事及び建設コンサルタント業務等について

 平成31年4月1日から令和元年9月30日までの間に締結する契約であって、当該契約に係る引渡しが令和元年10月1日以後になされるもの。

 (消費税及び地方消費税が10%となる契約)

2 前払金及び部分払等の取り扱いについて

 令和元年10月1日の前日までに請求を受けた前払金・部分払等については、消費税及び地方消費税の引上げ分2%を含まずに支払うこととします。

  ※ 「請負代金額1,100万円の場合の前払金の計算例」

      前払金額=1,100万円×(108÷110)×40%以内=432万円以内 (前払金額に1万円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額となります。)

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2019年9月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
PC表示