HOME記事住まいが被害を受けたとき最初にすること(被災状況の撮影)

住まいが被害を受けたとき最初にすること(被災状況の撮影)

【災害で住まいが被害を受けたときは、罹災証明書等の発行のため、被災状況の記録にご協力をお願いします。】

◆罹災証明書とは

 災害の被害に遭われた方の申請によって、お住いの家屋の被害状況の調査を行い、被害の程度を認定し公的に証明する書類で、各種被災者支援を受けるための基準となるものです。

 

◆住家の被害認定調査における写真撮影の協力及び撮影時の留意事項

 被災者が各種被災者支援を受けるためには、罹災証明書の交付を受ける必要があります。その前提として市職員が住家の被害認定調査を行いますが、その前に建物の除去や被害箇所がわからないような修理、片付け等をしてしまうと調査が困難となります。あらかじめ、可能な限り被害状況について写真撮影を実施し、保存しておくなど調査へのご協力をお願いします。

 

◆撮影上の留意点(枚数は、最低限の数です。)

 ○建物の全景写真は可能な限り周囲4面を撮影(4枚)

 ○浸水被害等がある場合、メジャー等をあてて全体を写した遠景と目盛りが読み取れる近景を撮影(2枚)

 ○水害における外力が作用することによる一定以上の損傷が発生していると判断した場合には、その内容がわかる写真も撮影(2枚)

 ○建物の傾斜角を撮影する場合、建物4隅の測定結果を撮影(4枚)

 ○室内を撮影する場合、被災した部屋ごとの全景写真を撮影(複数枚)

 ○被害箇所の面積割合がわかるように、被害箇所も含む見切り範囲を撮影(複数枚)

 ○被害程度がわかるよう、被害箇所のクローズアップ写真を撮影(複数枚)

 ○カメラの日時設定は正確にしておき、写真に撮影日等の記録を残しておきましょう。

 

◆参考資料

 住まいが被害の受けたときに最初にすること.pdf (PDF 178KB)

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2020年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
PC表示