HOME記事弾道ミサイル発射時の情報伝達及び行動について

弾道ミサイル発射時の情報伝達及び行動について

弾道ミサイル発射時の情報伝達

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合は、発射から極めて短い時間で飛来することが予想され、ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラート(全国瞬時警報システム)を活用して緊急速報メールやテレビ、ラジオにより緊急情報をお知らせします。

 市からは、登録制の「あしべつ防災メール39」のほか、消防署の警報発令サイレンを鳴らしてお知らせします。

取るべき行動

Jアラートを活用した報緊急速報メール等を受け取った場合は、落ち着いて直ちに行動してください。

屋外にいる場合

・近くの建物の中や地下に避難

 できれば頑丈な建物が望ましいですが、近くになければそれ以外の建物でも構いません。

・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る

屋内にいる場合

・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

弾道ミサイル飛来時の行動について.jpg

弾道ミサイル飛来時の行動についてA4 (PNG 857KB)

 

詳細については、北海道からのお知らせ または国民保護ポータルサイト をご覧ください。

 

《消防署の警報発令サイレンのパターン》

消防署の警報発令サイレンパターン
1   2   3   4   5
30秒 6秒 30秒  6秒 30秒 6秒 30秒 6秒 30秒
サイレン 休止 サイレン 休止 サイレン 休止 サイレン 休止 サイレン

※30秒鳴らし、6秒休止。サイレンは5回鳴らします。

《スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用》

 弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、jアラートを通じて市町村の防災行政無線、

登録制メール等により国民に伝達されるほか、消防庁から携帯事業者(株式会社NTTドコモ、

KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社)を経由するエリアメール・緊急速報メールにより

携帯電話・スマートフォンに配信されます。

《エリアメール・緊急速報メールを受信できるかどうかの確認方法》

次の事業者のリンクから対応機種の確認ができます。

・NTTドコモ

・KDDI

・ソフトバンク

・楽天モバイル

・Yモバイル

上記以外の事業者の場合は、回線契約をしている事業者にお問い合わせください。

国民保護に関する情報「災害・避難情報」として配信されます。

「災害・避難情報」の利用は、エリアメール、緊急速報メールの受信設定をONにする必要があります。

(初期設定は原則ONになっています。)

 

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2024年6月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
PC表示