HOMEくらし図書館に「ユネスコ記憶遺産 山本作兵衛」の原画を展示中
HOME市内生涯学習図書館に「ユネスコ記憶遺産 山本作兵衛」の原画を展示中

図書館に「ユネスコ記憶遺産 山本作兵衛」の原画を展示中

図書館案内のページへ  イベント案内のページへ

ユネスコ「世界記憶遺産」日本登録第一号"人類の記憶"を描き残した炭坑記録画家

山本作兵衛さんの原画を展示しました

山本作兵衛さんの原画

炭鉱の本コーナー

芦別の郷土作家で東京在住の畑中康雄氏が来館され、炭鉱の本コーナーに展示してほしいと寄贈してくださいました。
炭鉱の記録ともいえる貴重な絵をぜひご覧ください。
一般閲覧室の炭鉱の本のコーナーに展示してあります。

山本 作兵衛

明治25年、福岡県生まれ。7歳から父について兄とともに炭鉱に入り、小学校を卒業後、明治39年に山内炭坑(現・飯塚市)の炭鉱員となった。以後、採炭員や鍛冶工員として働きながら、日記や手帳に炭鉱の記録を残した。60代半ばに、「子や孫にヤマ(炭鉱)の生活や人情を残したい」と絵筆を取るようになり、自らの経験や伝聞を基に、明治末期から戦後にいたる炭鉱の様子を墨や水彩で描いた。余白に説明を書き加える手法で1000点以上の作品を残した。昭和59年に老衰のため死去、92歳没。平成23年に日本初の世界記憶遺産として登録される。

世界記憶遺産

ユネスコが主催する事業の一つ。危機に瀕した書物や文書などの歴史的記録遺産を保全し、研究者や一般人に広く公開することを目的とした事業。フランスの人権宣言やゲーテの原稿、アンネの日記など300点ほどの登録がある。

図書館に所蔵されている本

貸出できます。どうぞご利用ください。

炭鉱(ヤマ)に生きる
「炭鉱(ヤマ)に生きる」
地の底の人生記録 画文集

ヤマの記録
「ヤマの記憶」
山本作兵衛聞き書き

筑豊炭坑絵巻
「筑豊炭坑絵巻」

 

山本作兵衛と 炭鉱(ヤマ)の記録
「山本作兵衛と炭鉱(ヤマ)の記録」

世界記憶遺産百科
「世界記憶遺産百科」
全244のユネスコ世界記憶遺産

炭坑美人
「炭坑美人 闇を灯す女たち」
(絵が使われています)

 

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2021年12月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
PC表示