HOME福祉国民健康保険国保(国民健康保険)制度
HOME市内国民健康保険国保(国民健康保険)制度

国保(国民健康保険)制度

国保(国民健康保険)制度とは

国保は、病気や怪我にそなえて、加入者のかたが納める保険税と、国の交付金などで医療費をまかなうという相互扶助の制度です。

国民健康保険の相互扶助の制度について。加入者(被保険者)は市区町村(保険者)に保険税を納めます。市区町村は加入者に保険証を交付します。医療機関(保険医療機関)は加入者に診療をします。加入者は医療機関に一部負担金を支払います。医療機関は国保連合会(医療費のの審査)に医療費を請求します。国保連合会は医療機関に国保連合会を通じて医療費を支払います。国保連合会は市区町村に医療費の額を決定し報告します。国・都道府県は(補助金の交付)は市区町村に補助金を交付します。

国民健康保険の制度は、上図のようになっています。

医療機関で受診をした際、加入者のかたは医療費の一部を支払うだけで診療を受けることができます。

残りの医療費については、加入者のかたに納めていただいた保険税と国などからの補助金などで、芦別市から保険医療機関へ支払われています。

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2019年10月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
PC表示