HOMEくらし道路・河川・公園・土地利用・交通交通根室本線対策協議会の取組について

根室本線対策協議会の取組について

JR北海道は平成28年11月18日の記者会見において、根室本線を含む10路線13線区を「当社単独では維持することが困難な線区」とし、道内全営業区間のおよそ半分にあたる1,237.2kmについて抜本的な見直しを進めると公表し、本市を運行する根室線(滝川~新得間)もこれに該当することが明らかとなりました。

また、JR北海道は同記者会見において、このままの経営を続けた場合、平成32年度末までに資金ショートを起こして経営破たんに陥る試算を示し、地域の皆さまと「持続可能な交通体系のあり方」について相談するという方針を示しました。

これを受け、根室本線対策協議会(滝川市、赤平市、芦別市、富良野市、南富良野町、新得町、占冠村)では、市町村のほか、北海道、JR北海道など関係者による「事務レベル検討会議」を設置して、路線の維持存続に向け、経費削減策、利用促進策などの検討・協議を行っているほか、さまざまなケーススタディを想定しての調査・研究などを行っています。

 

取組内容について

根室本線対策協議会のこれまでの取組内容については、富良野市のホームページで確認することができますので、ご覧ください。

 富良野市のホームページ

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2020年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
PC表示