HOME産業/雇用農業じゃがいもの重要害虫侵入の防止

じゃがいもの重要害虫侵入の防止

畑への立入りは関係者以外禁じます。

 芦別市内の畑作地帯は、小麦や馬鈴しょ(じゃがいも)などが作付けされて、そのパッチワークのような風景は、私たちの目を楽しませてくれ、毎年市内外から多くの方々においでいただいております。
 しかし、訪れてくださった皆さんが、畑の中に立ち入るようなことがあると、時として、豊かな芦別市の畑に恐ろしい害虫を持ち込んでしまう可能性があります。
 芦別市ではこれからもずっと、皆様に安全でおいしい農作物や、豊かで美しい農村の風景を楽しんでいただきたいと思っています。
 そのためにも、作物の鑑賞や風景写真の撮影の際は、どうか畑への立入りはおやめいただきますよう、お願いします。

ジャガイモシストセンチュウとは

 馬鈴しょに寄生し、害虫の中でも対処が難しいことで知られております。万が一、畑へ侵入すると急速に拡大し、発生地ではその撲滅が非常に困難な状況となります。その結果、シストセンチュウに対する抵抗性が低い品種である「男爵」を主力としている芦別市の馬鈴しょは甚大な被害を受けることになります。多数の卵を詰め込んだものがシストと呼ばれ、微細で土壌中に一定密度を超えない限り症状は顕在化しません。シストの生存期間は10年以上と長期に渡り、防除が非常に困難です。

根に着生しているシストセンチュウ(拡大図).jpg 根に着生しているシストセンチュウ.jpg

粉砕したシストセンチュウと内包されていた卵.jpg

(左上・右上はじゃがいもの根に着生したシストセンチュウの拡大写真、左下は粉砕したシストセンチュウと内包されていた卵の拡大写真)

ジャガイモシストセンチュウによる被害

 開花頃から下葉の黄化、萎ちょうが始まり次第に、株全体のしおれと下葉の枯死が進み、枯死が下位から中位へ進んで、枯ちょう期が1ヵ月も早まります。
 また、根の表面にも、直径0.6ミリメートル程度の球状のものが付着します。北海道内すべての地域で発生しているわけではありませんが年々範囲が拡大していることから、厳しく分散防止が求められています。発生地が拡大し、種いもの栽培ができなくなると、馬鈴しょ以外の種苗の移動にも規制がかかり、馬鈴しょの産地である芦別での種いもの供給体制が崩壊し、その結果、安全で安定的な種いもの供給が困難になってしまいます。

ジャガイモシストセンチュウの伝播方法

【伝播方法】
自然伝播 風・土砂・雪解け水など
人為伝播 発生地域で栽培された、種芋、球根、苗木・農作業機や靴に付着した土など

つまり皆さんに覚えがなくとも、皆さんのはいている靴の底についた土を通して、知らず知らずのうちに害虫を運んでしまう可能性があるのです。

種いもによっても伝搬することから、原則として、正規に販売されている種いも以外は使用しないようご協力をお願いいたします。

ジャガイモシストセンチュウ対策の取組について

 芦別市では、馬鈴しょ栽培に係る関係機関で「芦別市ジャガイモシストシストセンチュウ対策協議会」を設置し、シストセンチュウ侵入防止のための取組を実施しております。

ジャガイモシストセンチュウ対策の取組について.pdf (PDF 399KB)

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2022年5月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
PC表示