HOME記事芦別市災害備蓄計画

芦別市災害備蓄計画

芦別市災害備蓄計画

災害時は、外部からの救援物資が届きにくい状態になることが予想されることから、日頃から被災直後に必要な物資を備えておくことが必要です。しかしながら、被害時には家屋の倒壊、焼失等により、多数の避難者、負傷者の発生が予測されます。

本市における災害時の備蓄体制は、自助(自分の備えは、自分で行う。)、共助(地域や職場で助け合う。)、公助(公的機関が支援を行う。)を基本的な考え方とし、最低限必要な家庭内備蓄と市が行う行政備蓄を整備することで、市民・行政が一体となって構築することを目標としています。

 芦別市災害備蓄計画.pdf (PDF 224KB)

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2020年8月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
PC表示