HOME記事胆振東部地震検証会議

胆振東部地震検証会議

胆振東部地震検証会議

平成30年9月6日に北海道胆振東部地震が発生し、最大震度7を記録し道内各地に大きな被害をもたらしました。

芦別市においては、震度4を記録しましたが、建物崩壊などの大きな被害が幸いにもありませんでしたが、その後発生したブラックアウトによる停電で、一部の地域を除き約44時間の停電が発生しました。

この停電に伴い、市庁舎では10時間もの間電話が不通となったほか、非常用電源の確保、広報車での情報周知方法など多くの課題も見つかったことから、この地震に伴う検証を行い、今後の市民の安全安心を確保するために、関係機関等により検証を行いました。

○第1回検証会議(31.1.29)

次第.pdf (PDF 47KB)

別添1(胆振東部地震調査結果Q1~Q8).pdf (PDF 349KB)

別添1(胆振東部地震調査結果Q9).pdf (PDF 700KB)

別添1(胆振東部地震調査結果Q9(企業)).pdf (PDF 400KB)

別添2.pdf (PDF 72.7KB)

被害・対応の状況等(別紙1,資料1、資料2).pdf (PDF 691KB)

会議録(第1回).pdf (PDF 401KB)

○第2回検証会議(31.3.1)

次第.pdf (PDF 50.8KB)

資料(意見、課題、今後の対応).pdf (PDF 660KB)

資料(意見、課題、今後の対応)修正後.pdf (PDF 670KB)

会議録(第2回).pdf (PDF 381KB)

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2020年8月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
PC表示