HOME記事ごみ搬出禁止物(家電リサイクル法対象品目の回収)について

ごみ搬出禁止物(家電リサイクル法対象品目の回収)について

平成13年4月1日から家電リサイクル法(特定家庭用機器再生商品化法)がスタートしました。

家電リサイクル法は、排出された家電製品のうち、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコンの部品や材料をリサイクルし、廃棄物の減量と資源の有効利用を推進するための法律です。

家電リサイクル法の考え方

  • 消費者 (使った人):リサイクル料金、収集運搬料金を負担します。
  • メーカー(作った人):リサイクルを行います。
  • 小売店 (売った人):収集運搬を行います。

スライド1.JPG

対象となる品目

  • テレビ (ブラウン管式、液晶式、プラズマ式)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機
  • エアコン

   上記の対象品目は、ごみステーションに排出することや、芦別市ごみ処理場へ持ち込むことはできません。また、分解して捨てることもできません

処分する(捨てる)とき

買い替えや廃棄のみで、処分方法が異なります。

■買い替えるとき(新しい家電に買い替えるとき)

  • 新しい家電を購入するお店へ引き取りを依頼する。
  • リサイクル料金と運搬料金を販売店へ支払う。(料金については、購入するお店に直接お問い合わせください。)

■処分のみするとき(購入したお店がわかっている場合)

  • 処分しようとする製品を販売した販売店に引取義務があります。以前に購入した販売店に処理を依頼してください。
  • 処理費用は、リサイクル料金と収集・運搬料金(販売店により異なります)を合計した金額が必要です。

■処分するとき(購入したお店が不明、既に営業していない、購入したお店が遠方にある場合)

  • 市内にある家電販売店等と相談し処分してください。
閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2022年6月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
PC表示