HOME市政まちづくりまちづくり推進事業芦別市移住支援事業を実施しています

芦別市移住支援事業を実施しています

芦別市移住支援事業を実施しています

 芦別市では、国の「わくわく地方生活実現パッケージ」にもとづく地方創生推進交付金を活用した「UIJターン新規就業支援事業」を実施します。

 

1 事業の目的

 東京圏からのUIJターンよる新規就業を促進するため、芦別市に移住して就業・起業・テレワークをした方に対し、移住支援金を支給します。

 

2 事業の内容

 対象者としての要件を満たす方に対し,次の金額を移住支援金として支給します。

 ・単身での移住の場合:60万円

 ・世帯での移住の場合:100万円

 

3 事業の対象

 

 (1)【転入元】

 次の要件の全てに該当する方

 ア 移住する直前の10年間のうち,通算5年以上,東京圏((東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県)のうち条件不利地域以外の地域に在住)又は東京23区に在住し,東京23区内への通勤(被用者として通勤の場合は,雇用保険の被保険者として通勤しいること)をしていたこと

 ※東京圏に在住しつつ,東京23区内の大学等へ通学し,東京23区内の企業に就職した方は、通学期間も本事業の転入元としての対象期間となります。

 イ 移住する直前に,連続して1年以上,東京圏((東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県)のうち条件不利地域以外の地域に在住)又は東京23区内に在住し,東京23区内へ通勤していたこと

 ※東京23区内への通勤の期間は,移住する3ヶ月前までを上記1年の起算点とすることができます。

 (2)【転入先】

 次の要件の全てに該当する方

 ア 平成31年4月1日以降に芦別市に移住したこと

 イ 支援金の申請が移住後3ヶ月以上1年以内であること

 ウ 申請後5年以上継続して芦別市に居住する意思があること

 (3)【就業】

 北海道のマッチングサイトに移住支援金の対象として掲載する求人に新規就業した方など

 (4)【起業】

 北海道から1年以内に地域課題解決型企業支援事業補助金の交付決定を受けた方

 (5)【テレワーク】

 所属先企業等からの命令ではなく,自己の意思により移住し,移住先を生活の本拠とし,所属先企業等での業務を引き続き行う方など

4 移住支援金の返還

 次に掲げるいずれかに該当する方は,返還の対象となります。(ただし,雇用企業の倒産,災害,病気等のやむを得ない事情があると北海道および市長が認めた場合は対象外となります。)

 (1)【全額の返還】

 ア 虚偽の申請等をした場合

 イ 申請日から市外に転出した日までの期間が3年に満たない場合

 ウ 申請日から移住支援金の要件を満たす職を辞した日までの期間が1年以内である場合

 エ 起業支援事業に係る交付決定を取り消された場合

 (2)【半額の返還】

 ア 申請日から,市外に転出した日までの期間が,3年以上5年以内である場合

 

5 その他

・移住支援金の詳細は,以下のガイドブック及び下記リンク先をご覧ください。

 

 〇芦別市移住支援金ガイドブック.pdf (PDF 1.22MB)

 ○芦別市移住支援金交付規則.rtf (RTF 139KB)

 移住支援金に係る予備申請書.pdf (PDF 108KB)

 移住支援金に係る予備申請書.xlsx (XLSX 14.1KB)

 ○芦別市移住支援金交付申請書.pdf (PDF 153KB)

 ○芦別市移住支援金交付申請書.doc (DOC 50.5KB)

 ○芦別市移住支援金の交付申請に関する誓約書兼同意書.pdf (PDF 114KB)

 ○芦別市移住支援金の交付申請に関する誓約書兼同意書.doc (DOC 28.5KB)

 ○就業証明書(芦別市移住支援金の申請用)※就業用.pdf (PDF 113KB)

 ○就業証明書(芦別市移住支援金の申請用)※就業用.doc (DOC 37.5KB)

 就業証明書(芦別市移住支援金の申請用)※テレワーク用.pdf (PDF 99.4KB)

 就業証明書(芦別市移住支援金の申請用)※テレワーク用.doc (DOC 35.5KB)

 

 

北海道経済部労働政策局雇用労政課はこちらから

北海道マッチングサイト(スタンバイ北海道)はこちらから

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2021年10月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
PC表示