HOME記事【令和5年1月から】軽自動車税納付確認システム(軽JNKS)が始まります

【令和5年1月から】軽自動車税納付確認システム(軽JNKS)が始まります

令和5年(2023年)1月から、軽自動車(二輪車を除く。)に係る軽自動車税(種別割)の車両ごとの納付状況を、市町村がオンラインシステム【軽JNKS(ケイジェンクス)】に登録することにより、全国の軽自動車検査協会がオンラインで確認できるようになります。

 

軽JNKSイメージ図

 

これまでは、軽自動車の車検(継続検査)に軽自動車税(種別割)の納税証明書が必要でしたが、令和5年(2023年)1月から、

継続検査窓口への「納税証明書の提示」が原則不要となります。

ただし、以下の場合は、紙の納税証明書の提示が必要となりますので、ご注意ください。

 

紙の納税証明書が必要な場合

 

・納付直後のため、軽JNKSに納付状況が反映されていない場合

(納付から軽JNKSへ登録反映されるまでに1週間から2週間程度かかります)


・中古車購入、名義変更、ナンバー変更直後の場合


・他の市町村から転入した直後の場合


・対象車両に過去の軽自動車税(種別割)に未納がある場合


・自動二輪車(バイク)の場合 (自動二輪車は軽JNKSの対象外です)


 

車検用納税証明書は、芦別市役所1階 税務課納税係(窓口11番)で発行できます。

車検証及び本人確認資料(運転免許証など)をご持参ください。

 

軽JNKSリーフレット (PDF 434KB)

 

 

カテゴリー

閲覧履歴

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2024年2月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 1 2
3 4 5 6 7 8 9
PC表示